コンテントヘッダー

褒める人、褒めない人の違い。

褒められると「嬉しい!」と思います?

それとも、褒められると「なあにこの人、ウラでもあるんかしら…」と思いますか?


最近、お仕事相手のお客さんによってすごく褒めてくれる人と、まったく褒めない人がいるなと、不思議に思いまして。
それが、どちらも何度もご依頼を下さる、ありがたい気持ちのいいお客様なのです。

お二人の違いはなにかしらん…?と思い、下記の本を思い出しました!


人間には、生まれつきの性格があるそうです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
A:褒められると嬉しいし、伸びるタイプ「子供タイプ」と

B:褒められるより、厳しく叱られる方が自分の成長になるタイプ「大人タイプ」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※どちらのタイプが良い悪い、正しい正しくないという事はない。ただ2種類ある。とのこと。

こちらの本から↓愛読書です
1.jpg 
「すっごく心細い」がピタリとやむ!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私は思いっきりAの「褒められると伸びる」タイプです!
いつでもできれば褒められたいし、褒められると嬉しくなります。
お仕事先の人にも、「おッ、いいですねえ!」などと言われたなら「いやあ…恐縮です」とクールに言いつつ、3か月はその言葉を頭の中で反芻してニヤツイいております(*´▽`*)

もっと褒めてくれていいのよ~と周りにも言いますが、ため息をつかれて、生暖かい目で見られるのは何故。


さて。
B:「大人タイプ」は、自分が「叱られる方が伸びる」という実感があるため、他人にも褒めるより
叱咤激励をするようです。

違いがあるんですね。人は自分の目線から、他の人に良かれと思う行動をとっているようです。


(…自分の場合、母親がBの「大人タイプ」です。
うっかりボンヤリな学生で、そりゃあもう毎日ド叱られて育ちました。
自己嫌悪&がくがくブルブルの日々…、自分をどんどん嫌いになりました…。

親に嫌われてると思いこみ辛かったですねえ…恨みもしました(-ω-)

今思えば、2種類のタイプがあるのを知ってたら、この気持ちも少は違ったかもしれません。)


世間では「厳しくされないと、成長しない!」という風潮がありますが、Aの「子供タイプ」の人は、叱られるとビビッて力を発揮できません。
遠慮なく叱る人から離れ、自分を褒めてくれる人に近づくといいんだそうです。

在宅のイラストレーターはめったに叱られる事ないので、気楽です~♪
とても自分に合っている環境だと思います!
♪(/・ω・)/ ♪

もし怖い人の近くにいてしんどい思いをしている人は、褒めてくれる人の側に行きましょう!(^^)!
それがあなたの実力を発揮するキッカケになるかもしれません。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★★★のんだの、ホームページはこちら↓★★★



★★★【イラストのお仕事について】★★★

料金目安・・・・・・・・・・・・・・・・
◆イラストカット(中)…5,000円

◆似顔絵(肩から上)…5,000円

◆似顔絵名刺(両面)…20,000円~

◆漫画(A4・1ページ)…25000円~

各種イラスト、似顔絵・漫画
ロゴデザイン・キャラクターなど
多彩なタッチで作成いたします。

お問い合わせ・・・・・・・・・・・・・・・・
↓↓見積無料。お気軽にお問い合わせください。↓↓
何が何点ほしい、こんなイメージ、など伝えていただけると
やりとりがスムーズです!




スポンサーサイト
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

のんだ ひろみ

Author:のんだ ひろみ
HP http://kuron88.jimdo.com/
明るく楽しい雰囲気のイラストが持ち味。
決まった絵柄があるというよりは、色々なお仕事に合わせてイメージにぴったりのイラストや漫画を制作することを得意としております。

佐賀県生まれの名古屋育ち。
赤味噌ときしめんの力ですくすくと育ち人生の大半をポッチャリしてすごす。

看板屋、印刷会社DTPオペレーター、パチンコ系広告会社などを経てフリーのイラストレーターに。フリーになってからは年間1000個のゲームアイテムや、広告カット、ご当地アイドルさんのロゴデザインなど、多彩なタッチを使い分けご好評いただいております。

漫画とボードゲームが大好き!一緒に遊んでくれるボードゲーム人口を増やすため虎視眈々とチャンスを狙っています。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR